2010年10月31日

2010年夏以前・・・

自分で言うのも何だが、現在見るも無残な頭髪状態の私 _| ̄|○


 それも異常に暑かった今年の夏に一気に薄毛が進行し、あせって「育毛の達人」マニュアルを
購入し発毛に挑戦中という次第・・・

 
 20代後半から薄毛を自覚し、会社の同僚に初めて薄毛をからかわれたのもその頃だった。


 もちろんまだまだ青春中(?)だったので、その後支払うことになる大金のこともよく
考えずに育毛サロンにも通った。


 それでも当時は、頭頂部が少し透けているのと、前頭部の分け目が広いくらいで、のんびり屋の
性格も手伝ってか育毛サロンでほとんど効果がないと分かると、その後育毛はほぼほったらかし
状態だった。


 薄毛ながら髪の毛の成長が普通の人よりも早いのと、悲しいかな薄くなった部分以外は
かなり毛髪量も多いので、気分的には薄毛界の剛毛男」(笑)だった。


 まぁ全くハゲていない人からしたら五十歩百歩だろうけど。



タグ:育毛サロン
posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛・育毛日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

発毛再挑戦から4週間後

あの異常な夏の暑さが幻だったんじゃないかと思えるほど一気に涼しくなってきた。冬もすぐに
訪れそうな勢いで、今年の秋は体感的にも短かった。


 まぁ、まだ秋が終わったわけではないけれど・・・


 さて「育毛の達人式自宅で簡単発毛法」を始めて早くも4週間。 ほぼ1ヶ月が過ぎた。
これといった変化はない・・・が、若干抜け毛が増えたようが気がする。


 抜け毛が多い人のパターンのひとつに、朝起きたら枕元に大量の抜け毛が Σ( ̄□ ̄;)ガーン
というのがあるが、私の場合そのパターンは全く当てはまらない。 中学生のころの成長期に
枕元に目立った量の抜け毛があった記憶があるが、成人してからは全く記憶にない。


 夜、シャワーの後にくず取りネット(でいいのかな)に残る髪の毛の量で抜け毛の状態を
把握している。


 極端に抜け毛の量が多かったわけではないが、普段より若干多めの日が過去1週間以内に
2,3回あった。


 「育毛の達人」マニュアルに書いてあるように、産毛がびっしりと生えてくるための
"生みの苦しみ"はやはり避けては通れないのか?!


 この夏の大量脱毛で精神的ダメージはまだ残っているので、株式市場でいうところの
「二番底」は勘弁してほしいのだが・・・




posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛・育毛日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

薄毛は病気か?

何年か前から爆笑問題が出演しているAGA(男性型脱毛症)のテレビCMがある。


 「お医者さんへ相談を〜♪」というのが妙に頭に残るCMだ。


 「薄毛狩り?!」でも書いたが、こちらのCMは完全に薄毛が病気扱いだ。まるでハゲ
ガンか糖尿病と同等に扱われているように見える。


 メタボのように生活習慣病に直結するならともかく、薄毛ハゲだからといって、病的な
原因があるものを除けば日常に差し支えあるわけではない。コンプレックスによる心理的
負担は別として・・・

 
 このCMを見た特に30代の薄毛の人にとっては、まるで脅迫されているように思える
のではないだろうか。


 発毛法にトライしている私が言うのもなんだが、あえて「病気」という単語を使うなら
薄毛はあくまで「心の病気」である気がする。

 
 薬の副作用等で髪が抜け落ちているならともかく、通常の薄毛は本人が「勝手に」悩んで
いるだけである。私も含めて。


 欧米と違って、日本では特にハゲ薄毛を過度にバカにしたり、コンプレックスとして
植えつけられる社会なので、これだけヘアケア市場が爆発的に伸びているともいえる。


 育毛クリニックで効果がなく大金だけ支払った過去がある私としては、AGA治療の
病院で医者の"商売道具"にはなりたくない思いが強い。


 「育毛の達人」の著者・佐野氏によると、そのような病院での治療と「育毛の達人」の
方法では、同じ「発毛」という結果が出ても、最終的は100万円前後の差が出るらしい。


 運良く「育毛の達人」に出会っていたために、100万円浮かせることができた!
と言える日が早く来てほしい。



posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

発毛再挑戦から3週間目

3週間経った。まだ1ヶ月も経っていないので特別あせりはない。


 「育毛の達人」マニュアルによると、最初の2〜3週間目・・・だからちょうど今くらいに
髪の生え変わりのため、大量に抜け毛が発生するらしい。個人差があるとのことだが、
今のところそのような現象はない。まずは、ほっ(^_^;)


 もちろんこれからくるかもしれないが(--;)


 以前書いたように、大量の抜け毛はこの夏にすでに発生してしまったので、それほど間を
置かずに再びの大量脱毛は遠慮願いたいものだ。


 ある程度の量、髪が抜けてしまってもこの現象はその後のしっかりした発毛のための
"生みの苦しみ"の期間として耐えるしかないらしいが、これ以上スカスカの薄毛になると、
ブラックマヨネーズ・小杉どころか一気に「ぬっくん」こと温水洋一状態になる(汗)


 ひとまずの目標であるフットボールアワーの岩尾が遠のいていくなぁ。




タグ:温水洋一
posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛・育毛日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

育毛の達人を選んだ理由A

育毛の達人」の著者・佐野氏を私が信頼をしている理由として、栄養学の知識の奥深さがある。


 佐野氏のメルマガを購読していると、しばしば気付かされることが多い。


 育毛・発毛に役立つ栄養学ももちろん紹介しているが、彼のすごさは一般的に生活していたら
中々得られないもっと根本的な深い部分にある。


 ビタミン○がどういった症状に効くとか、このミネラルは何に効くとか・・・そういった表面的な
知識だけでなく、身体全体のバランスを取ることを重要視している。


 メルマガの内容が鋭ど(するど)過ぎて、逆にスルーしてしまうかもしれないが、"育毛・発毛"
というレベルを超えて読むべき話も多々ある。


 文章自体は読みやすいので、私の頭髪のようにまだせっぱつまった状態でなく、髪の毛にまだ
余裕がある(?)方は、佐野氏のメルマガをまず読んでみるのもいいかもしれない。


 関係者でないとなかなか知り得ないヘアケア業界や食品企業の裏事情も、時々暴露してくれる
ので、そのようなことに興味がある方にもオススメです。


参考に、メルマガ登録のリンクです。
絶対!髪を取り戻すぞ!自然治癒育毛法



posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「育毛の達人」を選んだ理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

育毛の達人を選んだ理由@

現在、育毛に効く「といわれている」方法は実に多い。育毛サロンだけでも
テレビCMをガンガン流しているような全国チェーン店から、地域密着型の
個人経営の店舗まで、かなりの数にのぼる。


 もっとお手軽に育毛が始められる育毛剤育毛・発毛サプリメントになると、
楽天市場」だけでも、おびただしい数の商品が扱われている。育毛関連商品
一つ一つチェックするだけでも何日も掛かりそうだ。情報があり過ぎるというのも、
逆に頭が混乱するだけだ。


 ある調査によると昨年、2009年度のヘアケア市場の規模は、4262億5000万円
とのこと。リーマンショック後の不況の真っ最中に4000億円を超える規模という
のは、ヘアケア市場は日本では完全に市民権(?)を得ている証拠かも。


 ではなぜ星の数ほど・・・といっても過言ではない育毛・発毛法の中から
今回「育毛の達人」を選んだのかというと・・・


 「育毛の達人」著者の佐野正弥氏のメルマガを2006年から購読し続けている
こともあり、著者の人柄や育毛・発毛関連の知識の豊富さをすでに知っていたのは
大きな理由のひとつ。


 育毛に関する知識を得るためと気休めも兼ねて、過去に育毛関連のメルマガを
何種類か購読していたが、現在は2種類のみで、その内のひとつが「育毛の達人」だ。


 内容がつまらなかったり、役に立たなければメルマガなのでいつでも解除できる。
にもかかわらず、4年以上購読しているのだから、それだけ内容が濃く、育毛に役立つ
"本物"の情報が多いと感じる。


 メルマガ購読当初から既に薄毛状態だったが、今ほど深刻でなかった(?)ので、
E−BOOK(育毛の達人式自宅で簡単発毛法)を購入してまで、という発想は
当時なかった。


 「育毛の達人」を選んだ理由はまだまだたくさんあるので、何回かに分けて
書いていこうと思う。




posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「育毛の達人」を選んだ理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

発毛再挑戦、2週間後・・・

育毛の達人マニュアルの「究極の発毛法」にトライして、ちょうど2週間。


 髪の毛の状態にこれといって自覚できる変化はない。 まだ2週間なので、
これは想定の範囲内。今更あせっても仕方ないが、これ以上の急激な薄毛進行
だけはどうにか避けたい。


 毎日せっせと"ツボ"押しをしている効果が出ているのか、首の周りのコリが
減った感覚はある。小さなものでも何かしらの変化を感じられることはうれしいし、
発毛法を続けていくハリにもなる。

 
 季節はこれから晩秋に向かっていくが、つくしの子が顔を出す準備が
頭の中で着々と進行中・・・であることを願っている。



posted by HAGE-HARE at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛・育毛日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育毛・発毛再開のわけA

 「とにかく何かしないとヤバイ!」

 それでも昔の経験から育毛サロンに行く気はなく・・・そもそも
数十万円から場合によっては百万円以上支払う余裕など現在もない。

 5年ローンはもうコリゴリだ。

 予算的に自毛植毛も不可能だし、技術レベルも高くなっているようだが、
まだまだ不安のほうが大きい。

 かといって、育毛発毛法の選択肢もあまりない。予算もかなり
限られている。

 今まで試したこともない育毛発毛サプリメント育毛剤を新たに
チャレンジする余裕は、今回はなかった。

 
 迷ったあげく決めた育毛発毛法は、「育毛の達人」にした。

 なぜ「育毛の達人」にしてみようとしたのか。

 追々、書いていこうかと・・・



posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛再開のわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

育毛・発毛再開のわけ@

ここ数年育毛らしい育毛もせず(たま〜に市販の育毛剤を気休めに
試したりはしたが・・・)、半ば放置プレー状態だった我が髪の毛。

 日常的に健康や食事に気を使ってはいるものの、それだけで薄毛
改善するなんて、そんな甘いことは残念ながらない。

 もはや若くはないアラフォー。目に見える速さでなくとも、ゆっくりと
確実に老化は進行しているのだ。


 かつてはハゲの治療に成功したら「ノーベル賞」ものなんて、誰もが
一度は耳にしたことがあると思う。

 ちなみに自毛植毛でも受けた本人が満足すれば"治療成功"だと思うが
ノーベル賞は自毛植毛クリニックにまだ授与されていないようだ。


 それはともかく・・・2010年の夏は異常に暑かったのは記憶に新しい。
各地で最高気温記録を更新する猛暑だった。

 どうやらその猛暑に、普段帽子を全くかぶらない我が頭皮がやられて
しまったようだ (T_T)

 今までのゆるやかな薄毛進行がウソなくらい一気にきた!ここまで早く
目に見えて髪の毛が薄くなっていくのが分かるのは初めてだ。

 のんびり屋の私もさすがにあせった。

 このまま進行するとプロフィール欄のアバターのようになることは確実だ。


 
 なんか長くなりそうなので(笑)、育毛発毛再開のわけAに続く^^




posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛再開のわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

薄毛狩り?!

 テレビで女性向けウィッグ(要はかつら!)のCMをよく見かける。
ウィッグ装着前の70代とおぼしき女性の髪は白髪だらけだが、年相応に
ナチュラルに見える。
 
 もちろんウィッグをつけると、髪にボリュームが出て、装着前より若く
見えるが、逆に不自然な気もする。

 ウィッグを装着する前の女性は髪にコシがなく、ボリュームもそれほど
ないが、特にハゲているわけではない。

 微妙に髪の分け目に地肌が見えているかな、くらい。それでも人の視線を
感じて外出するのがこわい、というようなことをその女性は言っていた。


 何が言いたいかというと、髪の分け目に地肌が少し見えているだけでも、
まるで"ハゲ扱い"や"かなりの薄毛"扱いをする風潮に違和感がある。

 私の状態がそれ以上に進行しているから余計に気になる(笑)のかも
しれないが、「薄毛」の定義が昔に比べてハードルが高くなっているの
ではないだろうか。

 かつらメーカーのテレビCMに出てくる年配女性の髪レベルなら
一昔前なら"薄毛"扱いされなかったであろう。

 むしろ年相応ということで、全く違和感もないと思う。

 昔に比べたら女性の薄毛人口も増えているし、「髪は女の命」なので、
髪に対する思い入れの温度差も男性と女性ではかなり違うのだろうが・・・



posted by HAGE-HARE at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 髪の毛コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。